看護師辞めて良かった

看護師辞めて良かった?気になるナースの就職事情をチェック!

看護師を辞めたいと考えている現役看護師の方はとても多いと思います。

 

 

また、潜在看護師数は70万人以上とも言われていますが、毎年看護師数は増えているのにも関わらず現場で働く看護師の数が足りていないという事から、それだけ看護師として働き続ける事が難しい職業だという事がわかります。

 

 

こうしたデータはありますが、看護師の仕事はやはり女性の仕事の中ではトップクラスの高待遇の職業ですので、看護職を辞めて他業種に転職した元看護師の方に、看護師辞めて良かった?という事を訪ねてみてもあまり良い返事が帰って来ないというのが現状のようです。

 

 

看護師の仕事は専門職で、患者さんや医師・介護士や様々な業種の方との関わりもありますし、夜勤もあり・残業もあり・激務など大変な仕事です。

 

 

これに加えて、女性特有の出産・子育てという問題があり、離職率が高くなっているようです。

 

 

 

看護師の仕事は誰でも出来る仕事ではありませんが、しかし免許さえ持っていれば一般人は踏み込む事が出来ない世界ですので就職先に困る事はありませんし、そうなると景気に左右される事の無い食いっぱぐれの無い職業と考える事も出来ます。

 

 

現在では派遣労働法の改正など、ますます正社員として働く事は難しくなって来ていますし、今後もその状況は更に悪化して行くと予想されますので、女性が一般職で一生正社員としてバリバリ稼ぎ続けるというのはとても厳しいというのが現状です。

 

 

そういった事から、看護師を辞めて他業種で働く選択肢を選んだ場合、最悪アルバイト・パートまで待遇を落としてしまうという例も多いです。

 

 

そこまで生活水準を落としてしまうと生活が成り立たないという事で看護職を辞められないという事を口にしている現役看護師の方も非常に多いです。

 

 

 

様々な看護師の働き方

 

看護師かパート・アルバイトかという選択肢になると、激務でも給与・待遇を優先させるか、それとも低賃金でも体への負担の少ない働き方をするかという事になりますが、このように考えるととても難しい問題だと思います。

 

 

こうした事を考えている看護師の方は多いですが、中には上手くバランスを取って働いているという看護師の方も居ます。

 

 

一体どのようにしてバランスを取っているのかと言うと、看護師として働く事は辞めずに、自分に合った働き方を追求する事で理想的な働き方を実現している様です。

 

 

看護師の仕事と一言で言っても、様々な診療科目がありますし、そう考えるとどこで働くかで全く看護業務内容も変わって来ます。

 

 

例を挙げると、透析や眼科、美容外科などで働く事で激務から開放されたという例もあります。

 

 

看護師として働くと言っても必ずしもその働き方は皆が皆同じ事をやっているという訳ではありませんので、自分に合っている働き方は何だろうという視点を持つ事も大切です。

 

 

結果的にそういう事で専門性を追求する事にも繋がりますし、キャリアアップの道も見えて来ると思います。

 

 

このように視点を広げて考えて行けば、看護師として働く事に楽しさを見出す事も可能です。

 

 

 

看護師は様々な場所で需要があります。

 

 

  • 診療所
  •  

  • 老健・特養・有料老人ホーム
  •  

  • 保育園
  •  

  • 治験看護師(CRA・CRC)
  •  

  • 訪問看護
  •  

  • 老人介護施設
  •  

  • フィールドナース
  •  

  • 看護学校の教師
  •  

  • 企業等の医務室
  •  

  • 空港等の検疫官
  •  

  • 健康相談センター
  •  

  • 美容外科クリニック
  •  

  • 薬品会社

 

 

 

今後も様々なシーンに看護師が求められると思いますので、そういった働き方を検討してみるのも一つの選択肢として考えてみると良いと思います。

 

 

 

看護師としての働き方を選ぶ際にはキャリアが必要になる事も

 

また、看護師の仕事はそれぞれのシーンで求められる能力も違って来ます。

 

 

訪問看護・クリニック・診療所などは基本的に一通りの看護業務をこなせる程度のキャリアは求められる事になりますので、新人ナースがいきなり求人に応募する事は通常出来ません。

 

 

福祉の世界でも同じですが、看護業界も現場で働く事がそのままキャリアとみなされますので、最低3年程の一般病院でのキャリア程度は持っておいた方がその後の就職先のバリエーションも広がります

 

 

こうした事もありますので、将来看護師としてこういう風に働きたいという理想の看護師像があるのであれば、自己実現に向けてしっかりキャリアを積み上げるようにしておきましょう。

 

 

 

将来を見据えた働き方が何よりも重要

 

職業というものは、数年働ければそれで良いというものでは無く、どれだけ安定して長く働き続ける事が出来るのかという事が一番大切だと思います。

 

 

看護師を辞めて他業種で働いたとしても、数年で辞めてしまって何のキャリアを積み上げる事にも繋がらなかったという事になってしまうと、その期間が勿体無いです。

 

 

若い頃は何も出来なくても、社会的には今後があるからという事で多くの事柄が許されますが、中年以降になって来ると、何も出来ないでは今まで何をしていたのかと冷たく扱われてしまう事もあります。

 

 

特に一般企業に務める場合は、中年というだけでリーダー的なポジションを任せられたりと大きな責任感が求められるようになって来ます

 

 

人の嫌がる仕事を自ら進んでしなければ生き残る事が出来ないという事も良く耳にする話です。

 

出来ないと言えばリストラが待っていますし、現実は非常に厳しいです。

 

 

 

このような事にならない為には、出来るだけ早めに自分の進むべき道を見つけて、そこに向かって腰を据えてキャリを積むようにした方が後で楽になります。

 

 

 

看護職は女性に理解のある職業

 

看護師の仕事は、女性の職場という事もあり、出産子育てなどにも理解があります。

 

 

退職しても復帰が容易だったりという点も看護職の優れている点だと思います。

 

 

大変な仕事ではありますが、女性にとっては失職する心配も無く待遇の良い職業ですので、資格を持っているのであれば、出来るだけそれを活かす方向で考えて行くようにした方が良いと思います。

 

 

 

看護師としての進むべき道を探す方法

 

看護師としてどのような道を進みたいのかという事を考える際には、どのような道があるのかという事を知る必要があります。

 

 

それには情報収集が欠かせませんので、看護師転職サイトなどを利用してまずは情報収集からはじめてみると良いと思います。

 

 

看護師転職サイトは無料で利用できますが、そこでしか見つける事の出来ない求人案件を探したり、キャリアコンサルタントにキャリアプランの相談に乗って貰ったりと、ただ漠然と転職するだけでは無く、じっくり自分の将来を見据えた働き方について考える機会を作る事が出来ます。

 

 

ですので、看護師としての働き方に不満を抱えている方や、今後の働き方について腰を据えてしっかり考えたいという方には良いサービスだと思います。

 

 

転職するからにはより良い職場を選ばなければ転職する意味もありませんので、転職の際にはしっかり情報収集して納得の行く転職をするようにしましょう!

 

 

転職サイトは複数利用するようにすると視野を広く持つ事が出来ますので、多くの方が複数社利用しています。

 

 

利用者の多いおすすめの転職支援サイトをピックアップしておきますので、より良い転職を目指しているという方は是非利用してみてくださいね。